事 務 局 

日本医科大学 分子解剖学分野

 

〒113-8602 

東京都文京区千駄木1-1-5 

TEL : 03-3822-2131(内線5379)

FAX : 03-5685-3052

E-mail : jsir33(at)nms.ac.jp

※ (at) は @ に置き換えて下さい。  

学会プログラム

タイムテーブル [案]

(2018年10月29日現在)

プログラム [案]

(2018年10月29日現在)

11月23日(金)                                      

 

日本医科大学 橘桜会館 1階 第1会議室

 

14:00~16:00     常任理事会

 

16:00~17:30     理事会

 

 

11月24日(土)                                      

 

日本医科大学 教育棟 2階 講堂

 

08:55                 開会式

 

09:00~09:50     セッション1 症例、感染、血液・凝固  (1 - 5)

                                                       

10:00~10:50     セッション2 卵巣、子宮  (6 - 10)

                                                       

11:00~11:50     セッション3 異常妊娠  (11 - 15)

                                                       

12:00~13:00     アジア交流ミニシンポジウム (AS1 - AS3)(お弁当・お茶をご用意しています)

                          Future of Asian Young Scientists in Reproductive Immunology

   Dr. Guangjin Qu

   (Gerontology, the First Affiliated Hospital of Harbin Medical University, China)

   「Regulatory mechanisms of lncRNA GAS5 in preeclampsia induced by trophoblasts’

   endoplasmic reticulum stress」

 

   Dr. Hwa Seon Koo

   (Obstetrics & Gynecology, CHA University, South Korea)

   「Resistance of uterine radial artery blood flow was correlated with peripheral blood

   NK cell fraction and improved with low molecular weight heparin therapy in women

   with unexplained recurrent pregnancy loss」

 

   Dr. Tomoko Ichikawa

   (Microbiology & Immunology, Obstetrics & Gynecology, Nippon Medical School, Japan)

   「NK1.1+ invariant-NKT cells in the myometrium activated by α-galactosylceramide

   induce miscarriages in mice」

 

13:10~14:10     特別講演1       産婦人科領域講習 1単位  

                            演者: 落谷  孝広  先生 (国立がん研究センター研究所)

                            演題:「マイクロRNA及びエクソソーム研究による生殖免疫の新展開」

 

14:20~15:10     セッション4 精巣 (16 - 20)

 

15:20~16:10     セッション5 胎盤 (21 - 25)

 

16:20~17:50     シンポジウム       産婦人科領域講習 1単位  

                         卵子の生殖工学:卵子の能力を理解してひきだす (S1 - S3)

 

                            演者: 加藤  容子  先生 (近畿大学農学部)

                            演題:「卵子が誘導する体細胞核の全能性」

 

                            演者: 木村  直子  先生 (山形大学農学部、岩手大学大学院連合農学研究科(併任))

                            演題:「哺乳類雌の生殖寿命延伸に向けたアプローチ:

                                        原始卵胞プールの上方制御と老齢個体卵のレスキュー培養」

 

                            演者: 尾畑  やよい  先生 (東京農業大学生命科学部バイオサイエンス学科)

                            演題:「卵子形成を再現するin vitro系の開発」

                                                      

日本医科大学 教育棟 3階 講義室3

 

18:00~              情報交換会

 

11月25日(日)

                                    

日本医科大学 教育棟 2階 講堂

 

08:30~09:30     評議員会

 

09:30~10:30     学会賞候補演題 (P1 - P6)

 

10:40~11:40     セッション6 子宮免疫・がん免疫 (26 - 31)

 

11:50~12:50     教育セミナー    ☞    専門医共通講習(必須項目)「医療倫理」  1単位 

                  (お弁当・お茶をご用意しています) 

                            演者: 福島 統  先生 (東京慈恵会医科大学教育センター)

                            演題:「医療者教育における倫理教育‐職業教育の側面から‐」

 

13:00~13:20     総会

 

13:20~14:20     特別講演2   ☞    産婦人科領域講習 1単位  

                            演者: 岩井  佳子  先生 (日本医科大学先端医学研究所細胞生物学部門)

                            演題:「PD-1を標的としたがん免疫療法の開発」

 

14:30~15:10     セッション7 不育症1 (32 - 35)

 

15:20~16:00     セッション8 不育症2 (36 - 39)

 

16:00~16:20     閉会式&学会賞表彰

JSIR33  2018 

Copyright ©33rd Annual Meeting of Japan Society for Immunology of Reproduction All Rights Reserved.